【岡山グルメ】住宅街にある穴場な町中華で刀削麺と本格麻婆豆腐「味道」(岡山市中区)

岡山には町中華が少ない。

いわゆる床が油でヌルッとしていて手書きのメニューが店内に貼られているようなお店だ。
強いてあげれば、宝来軒とかあるけど、街の規模からしたら決して多くないと思う。

今日は新たに一軒、町中華を発見したのでご紹介。

岡山市中区の250号線を一本入った道、西国街道沿いの住宅街。
といっても目の前にはディスカウントストアのダイレックスやティオっていうスーパーが隣にある。
こちらの味道さん。
2021年オープンのまだまだ新しいお店。

店内はこんな感じ。まだ新しいお店なので床がヌルっとはしていないけど、
高級中華、というよりは親しみやすい町中華、という感じのお店。

お昼に伺ったのでランチメニューがこんな感じ。

いずれのランチも1000円でお釣りが来て、ライスも1回おかわり可能。
おかわりも店員さんが量を聞いてくれていたので、腹ペコな人も満足だろう。

そして、注目は黒ゴマ刀削麺!岡山でこのメニューが食べられるのはここだけらしい。

確かに刀削麺を出してくれる店だってそんなに多くないのに黒ごまとは。。。
・・・気になる。

その他、レバニラやホイコーロなどなどの定番メニューも気になるところ。

嫁と二人で行ったので、
俺:石鍋麻婆豆腐
嫁:黒ゴマ刀削麺
をチョイス。

いずれも定食なので揚げ物とサラダにスープ付きだ。

町中華らしく割と早めに着丼。

ほうほう。これで860円はなかなか。
熱々の石鍋で提供された麻婆豆腐は香りからしてスパイシーで本格的。

豆腐がゴロゴロ。

一口いただいて、びっくり。町中華よりも本格中華に近い!
山椒の量がだいぶ多い!(褒め言葉!)
さらに言うと辛さも本格的なので辛いのが苦手の人は注意。
俺としては大歓迎な味。爽やかな辛さだけれど、ご飯もしっかりと進む濃厚さ。
ちょっと町中華っぽい味を想像していくと、裏切られるかもしれないけどこれはうまいよ。

そして定食の付け合わせの春巻き、あまり期待していなかったけど熱々だったのでうまい。
熱い≒うまい だと思う。

そしてこちらが嫁の注文の黒ゴマ刀削麺。
見た目の黒さ、インパクトに反して意外とあっさり目なので食べやすい。
しかし胡麻感はかなり濃厚なので胡麻好き狂喜乱舞なスープ。

そして刀削麺といえばこのランダムな太さの麺。
もちもち、かつ舌触りのよい綺麗な麺。うまい。

これピーナッツが砕いたものがかなりたっぷり入っていてゴマと相まってめちゃくちゃ香ばしいし、
食感もいい。

いやいや、この2品は正直町中華っぽくないうまさだった。
ただそんな店のニラレバとか回鍋肉とかチンジャオロースとかはめちゃくちゃ気になるし、
チャーハンも気になる!

ランチメニューを制覇したくなる住宅街の中の中華料理屋、おすすめです。

アクセスとURL

味道

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

〒703-8228 岡山県岡山市中区乙多見123−5

コメント

タイトルとURLをコピーしました