ワークマンがコスパ最強インナーを出してきた件 メリノウール。

アウトドア

冬のインナー=ヒートテック で思考停止していないか?

冬の厳しさはこの発明前後で大きく変わったと言っても過言ではない。
そう、ユニクロのヒートテックだ。

ご多分にもれず俺もヒートテックの恩恵に与っているのだが、
冬のインナーとしてヒートテックが最適解なのだろうか?

俺は正直ヒートテックにも予てから不満があった。

暖かすぎるのだ。

満員電車の中、暖房のよくきいたオフィスの中など冬だからと言って、常に寒い環境にいるとは限らないのが
現代人である。
そして、そんな温かい環境ではヒートテックは暑すぎる。
寒さ対策にはヒートテックは何ら文句はないのだが、
本来最高なインナーとは「適温を常に保つ」ことだと思う。
そういう意味で、ヒートテックは万能ではないのだ。
極暖とか出してくれるのはいいんだけど、そんなん着たら電車乗れんぞ・・・と思って俺は買ったことがない。

機能を求めるならアウトドアブランドを見ろ

ユニクロ以上の機能性インナーを求めるのならば、アウトドアブランドを見るといい。
過酷な環境である山を耐え抜くための装備を作るプロだからだ。
だからこれはインナーに限った話ではない。
機能美を求めるならアウトドアブランドか軍物を見るのがいい。

俺は高校時代に山岳部に所属していたこともあり、何か機能的な衣服が欲しい時はアウトドアブランドを探していた。
中でもモンベルはそのコスパから信頼のおけるブランドだ。
(Tシャツとかグラフィックものが非常にダサいのが難点なのだが、それを補って余りある機能美がそこにある)

そこで、モンベルが贈る最強のインナーが「メリノウール」だ。

【モンベル】スーパーメリノウール L.W. ラウンドネックシャツ Women's
薄手ながらも高い保温性を備えたアンダーウエアです。ストレッチ性に優れているので動きやすく、レイヤリングのベースレイヤーとして一年を通して活躍します。襟回りが広く、上からTシャツなどを着た際に見えにくくなっています。

発熱性の高さはさることながら、吸湿性が非常に高いので汗をかいても着心地がいい。
ヒートテックは汗をかいたときの気持ち悪さが弱点だと俺は思っている。
その弱点を完全に補っているのが、このメリノウールなのだ。

ただ、このメリノウールにも弱点がある。
・・・・・価格だ。
インナーで6,000円弱。
下着に対してこの価格はかなりハードルが高い。
本当ならインナーは洗い替えも含めて最低でも3着は欲しいのだが、
なかなかハードルが高くて俺も1着しか持っていない。

全てを超えしインナーをワークマンが出してきた

そして、メリノウールの弱点すらも克服した商品を我らがワークマンが出してきたのだ。

メリノウール100%のインナーが1,900円・・・。
普通のインナーからするとちょい高めかもしれないが、メリノウールとしては破格である。
あの高コスパブランド モンベルの3分の1である。

開けるとこんな感じ。
紺と黒の二色展開で今回俺は紺を購入した。(黒は売り切れてた)

メリノウールは、もちっとした触り心地でとても気持ちがいい。めちゃ薄手のカシミヤニットみたい。
ニットぽいからといって、地肌に直接着るのが気持ち悪いわけではなく、非常に気持ちがいい肌触り。
このポイントもヒートテックに買っていると思う。
紺と黒のインナーということで、白シャツの下に着ると透ける問題はあるかもしれないが、
冬場はどうせ白シャツの上にカーディガンやセーターを着るだろうからそんなに問題ない。

正直、これが1,900円なら5日分でも買いたい。
俺は真冬のキャンプの時もインナーはモンベルのメリノウールを着ていたので防寒性はお墨付きだし、
何日か着てみてワークマンのこれもモンベルのものと遜色ない防寒性だった。

ただ、当然といえば当然なのだが、現在在庫が薄くなり気味・・・。
見つけたら即買いすべきですよ。

| ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。ワークマン公式オンラインストア

コメント

タイトルとURLをコピーしました