岡山駅至近でサクッと飲む。焼きとん「近藤傳八商店」(岡山市北区)

岡山

焼きとんは東日本の文化?

岡山に帰ってきて、感じたのは焼きとん屋が少ないこと。
東京だと焼き鳥屋と同じくらいとは言わないまでも、結構当たり前に焼きとん屋がある。

焼きとんはその名の通り豚を焼いたものを串にして食べるものなのだが、
ガツだとかフワだとか、内蔵系が豊富で焼きとん屋でしか食べられない味のものが多くて、
ちょっと恋しくなっていた。
当然内臓系なのでクセがあるし、苦手な人は苦手なのだが、
いずれもお酒に合うし、何より焼き鳥以上にリーズナブルなことが多くて
関東近郊の呑兵衛たちはみんなが大好き。

御多分に洩れずこの俺も焼きとん屋が大好きなのだが、
岡山で焼きとんを食べようと思っても、ほとんどお店がない・・・。

ちなみに焼きとん屋の定番ドリンクといえば、ホッピーなのだが、
これもあんまり岡山では提供しているお店が少ない気がする。

岡山では希少な焼きとん屋

そんな焼きとん屋が岡山駅の程近く。
岡山の超中心地、高島屋裏にあった。
近藤傳八商店。

お店の存在は知っていたのだが、その素晴らしい立地もあってか、
いつ見ても混雑していたので一回も訪店できずにいたのだが、
つい先日、その近くで用事があり、まん防期間中であったこともあり、
珍しく空いていたので1人でフラッと入ってみた。

まずはこれ、ガツポン。豚の胃袋にあたるガツにポン酢をかけたものだ。
コリコリした食感のガツをポン酢とゆず胡椒でさっぱりといただく。

さっぱりとしつつもしっかり動物的な味があるので酒泥棒。うまい。

ハツとレバー。濃厚なタレでいただくこともあり、臭みは気にならない。
こちらもなかなか。

今宵の相棒は麦のソーダ割り。
ホッピーの話をしたけど、僕はレモンサワーとか焼酎のソーダ割りの方が相性いいと思ってる。

箸休めにたまねぎ。こちらはポン酢なので、非常にさっぱりといただける。

最後に一番美味しかったのがこれ。「ウタゴエ」。
豚の気管の軟骨らしい。正直、東京でも食べたことなくて、初めて食べた。
いわゆる軟骨よりも肉肉しくてジューシー。旨味が濃い。

ドリンク2杯にガツぽんに串を5本ほどいただいて2000円ほど。
カウンターでサクッと1人飲み。立地的に大人気店ぽいので予約するか1人飲みでの利用がおすすめ。

っていうかこのお店、岡山では超有名な韓国料理店卜傳(ぼくでん)のグループ店なんやね。

アクセスとURL

近藤傳八商店

岡山駅前 カウンター席のある居酒屋「デンパチ岡山店」
岡山市北区本町で焼きトン、串焼きを楽しむ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました