【謹賀新年】美味しいと評判のカフェで洋風おせち買ってみた。「もみじ堂」(岡山市南区)

岡山

あけましておめでとうございます

1日過ぎてしまいましたが、2022年が始まりました。
今年も頑張って更新しますのでお付き合いいただけると幸いです。

昨年末の紅白は完全に藤井風が持って行ってくれて
岡山県民としては嬉しい限り。

私の年末年始といえば、紅白を見てからのジャーニーズカウントダウンコンサートを見て年を越し、
そこから録画していた「笑ってはいけない〜」を見て、初日の出ごろに寝る。
という寝正月スタイルだったんだけど、「笑ってはいけない〜」がなかったので
今年からはちゃんと元旦から初詣や墓参りを済ませるアクティブなスタイルで過ごしている。

正月でもちゃんとやってるスタバ

墓参りやら初詣の途中で、すっごく綺麗な新しいスタバができているのを発見。
北区平井のバイパス手前の広い道あたり。

めっちゃきれい。
調べてみたら2021年の10月末にできたばかりなのね。

入口もしゃれとるで。

岡山のスタバってどこもめっちゃ混んでるんだけど、ここはまだ見つかっていないからか
全然混んでいなかった。1月1日に営業してくれているお店も少ない中でかなり穴場。

スタバのあんバターサンド

かまいたちのyoutubeで濱家氏が絶賛してたあんバターサンドを見つけたので食べてみた。
あんこの甘さがかなり控えめなのでかなり食べやすい。
かなり小ぶりなんだけど、パンがソフトフランスくらいのちょい固めなので食べ応えはある。
大人が好むあんバターサンドって感じ。コーヒーとの相性もいい。
濱家氏は2021年ハマったもの1位らしいよ。

コーヒーもいいけどおせちもね

ということで本題。うちは正月は実家で過ごす。
そしてうちはみんなそれなりに酒を飲むので、日本酒に合うおせちも好き。
だからいまだに母親がしっかりとしたおせちを用意してくれている。
ただ今年は、ちょっと趣向を変えて洋風おせちも食べてみたい。
ということで買ってみたのである。

南区箕島の2号線バイパス沿いにある洋食カフェもみじ堂さん。
俺は行ったことがないんだが、母曰く何食べても美味しい店。
おせちの受け取りで店内に入った時にメニューを見てみたんだけど、
「大人様ランチ」とか魅力的な洋食メニューが並んでいた。
予約制の洋風おせちはお重に入って、二人前で13,000円。
おせちって高いものだし、手作りおかずで手間のかかりそうなものがふんだんに入っているので
かなり良心的だなと思った。
デパートとかだと2万円以上は絶対すると思う。

洋風おせちのおしながき

じゃーん。
こんなにいっぱい入っておるのだ。
そして半分くらいは読んでもなんだかわからないメニューだ。
「レムラード和え」「コテキーノ」「パロティーヌ」
しかし本当に手間のかかりそうなメニューが多い。

ご尊顔

おまちかねのご尊顔。
すばらしい面構えだ。
テンション上がるね。

確かにお正月、おせちばっかりでちょっと洋食食べたいなってなっていたし、
ワイン飲みたいけど、かまぼこでワインっていうのもな・・・なんてことにもなっていたので
ちょっと贅沢だけど、よかったと思う。
やっぱり一品一品美味しかった。
ローストビーフのやわらかさと肉の美味さが特によかった。
こういうお重に入ったローストビーフって紙みたいなペラペラ肉がパサッパサってものが多いんで。
あとは付け合わせのポテサラかなと思ったら、それが「アリゴ」だったり。
アリゴっていうのはマッシュポテトにチーズを加えたうまいやつです。
一手間かかった手作りの美味しさに満足。

この値段はちょっと高いかもしれないけど、お母さんや奥さんを助けてあげる意味で
予約しておいてあげるの、アリだなって思ったよ。
世の親孝行、嫁孝行な男子諸兄にオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました